Home > 乳酸菌ストーリー > 乳酸菌とは

乳酸菌

乳酸菌とは

乳酸菌とは、特定の菌を指す名前ではなく、糖類を分解して多量の乳酸などを生成する細菌の総称です。
人間の腸内にはおよそ100種類、個体数にして約100兆個の細菌が存在すると言われています。その中で免疫力を高めたり、腸の働きを助ける菌は善玉菌と呼ばれ、病気の原因になる菌を悪玉菌と呼びます。
加齢と共に悪玉菌は活発になり、有害物質を生成し癌の原因にもなります。
一方、善玉菌には悪玉菌の活動を抑制する効果もあります。
また、乳酸菌は古くから発酵食品の製造にも使われてきました。ヨーグルトやチーズなどの乳製品を醗酵させたり、浅漬けやキムチ・味噌・醤油やお酒など身近な食品にも乳酸菌の働きで作られているものが多くあります。